「忘れよう」は逆効果!?思い切り悩むのもアリ。愚痴を合計6時間

「忘れよう」は逆効果!?思い切り悩むのもアリ。愚痴を合計6時間。

言いすぎじゃないの?って感じですが
4人もの方に
愚痴を聞いていただきました(笑)

スポンサーリンク

1人1時間半の愚痴

仲のいい仕事仲間の方たちに
かわるがわる電話をし

私の愚痴を聞いてもらいましたが
なんとかスッキリすることが
できたようなできてないような・・・
(まだかい!?って感じですね(笑))

まぁでも1時間半といいますが
私が全て愚痴ったわけじゃ
ないですよ(笑)

お互いにやっぱり愚痴はあって
お互いに言い合ってると
あっという間にそのくらいの時間は経つわけですね

場所場所によっての愚痴

私とは違う部署であったり
同じ部署だけど
職種が違ったりと

さまざまなのですが
他部署では他部署ならではの愚痴
他職種では他職種ならではの愚痴

本当にあります

聞けば聞くほど
あぁ一人じゃないんだなって
思うことができるんです

私が悩んでることは
向こうではないけれど
こっちで悩んでないことは
向こうではある

みたいな

まぁ結局は人と関わるってことは
少なからず問題は起きるわけで

何も問題なく悩みもない

という会社も部署も
全くないんだろうなって思いますね

「忘れよう」「考えるな」は逆効果

考えるなと言われれば言われるほど
そのことが頭に浮かんでしまい

結局余計な思考で体力と気力を使い

疲れていく・・・・・

こちらは「シロクマ実験」というものですが

アメリカの心理学者であるダニエル・ウェグナーは、以下の記憶力を試す「シロクマ実験」を行い、その説明のために皮肉過程理論を提唱した。

  • A・B・Cの3つの実験参加者グループを用意する。
  • すべてのグループにシロクマの1日を追った同じ映像を見せる。
  • Aグループの参加者には、シロクマのことを覚えておくように言う。
  • Bグループの参加者には、シロクマのことを考えても考えなくてもいいと言う。
  • Cグループの参加者には、シロクマのことだけは絶対に考えないでくださいと言う。
  • 一定の時間が経ったあと、実験協力者に映像について覚えているかを尋ねる。

この実験において、最も映像について詳しく覚えていたグループは「絶対に考えないで下さい」と言われたCグループであった。

引用:皮肉過程理論

考えるな って言われる方が
余計に考えてしまい
余計に覚えてしまうという皮肉な結果な実験ですが

嫌なことがあった時に
「忘れよう!忘れよう!」と
無理やり忘れようとすると
逆に忘れられなくて
ずっと考えてしまう・・・・

ということになりかねません

なのでむしろ
思い切り愚痴って
思い切り考えて
もういいや!!!って思えるくらい

考えきっても
いいんじゃないかなって思いますね

さすがに合計6時間も愚痴ったら
やりきった感は出てきましたよ(笑)

解決はしていない

結局ですが
私の評価に対しては
何も言わないことにしたんですが

上司が変わってしまい
私の仕事はやりにくくなりました

けど、
他にも同じようなことを
思ってる人がいるってだけでも
また救われたし

気持ちをわかってくれる人がいるだけでも
また違うし

もしかしたら今の上司の限りは
私の評価は
平均すらもらえないかもしれません

だけど
今回愚痴って思いました

みんな、それぞれ
不満を抱えながらも
頑張って働いてるんだなって

生活のため
子供の為に
働いてるんだなって

1人じゃなくて
みんなそうなんだって

思いましたね

吐き出して愚痴る
大事なのかもしれません

紙に書くのも
いいらしいですよ
気のすむまで書く
そうすると

途中で悩んでるのが
ばからしくなってくるようですよ

なので皆様も
嫌なことがあったら

とことん考えつくして
とことん反論して
とことん言い尽くしてみてください

案外早く
すっきりするときがくるかもしれません( ^ω^ )


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け