共働きでも動物を飼えるか?初めての猫の譲渡会。その様子と私たちの結論

共働きでも動物を飼えるか?初めての猫の譲渡会。その様子と私たちの結論

初めて猫の譲渡会に参加しました。
12時から13時までの1時間
入れ替え制での案内でした

猫たちを見に行きましたが

それはそれはとてもかわいく・・・・

譲渡会の様子と私たちの結論を書きたいと思います

スポンサーリンク

譲渡会はこんな感じでした

某お店にて12時に予約
感染防止のため
外猫、ほかの譲渡会に参加の方は
入れない場合があるとのことでした
またスリッパ使用なので靴下着用です

扉は二つ
猫脱走防止のためですが
これは猫を飼う場合にも気を付けたいところですね

扉の開け閉めは一つずつが鉄則のようです

子供たちに靴下を履かせ
スリッパ着用にて入店

猫ちゃんたちがいっぱいいました

首からカードを下げて
まずは説明を受けます

猫ちゃんたちがいっぱいでメロメロ

代表の方のちょっとした説明を受けて
今現在里親を募集してる猫たちの
写真が飾られていました

名前と写真、生後どのくらいかと簡単に性格まで

どの子もかわいいです・・・・カワ(・∀・)イイ!!

生後2か月くらいの子たちと
おもちゃで遊びましたが
まぁーーーー食いつく食いつく
かわいすぎですね。

HPを見て
「この子と面会したい」と希望できても
希望と違う子をお迎えする里親さんも
いるそうです

子猫を希望されてたけど
実際に引き取ったのは大人猫だったりとか

縁とはそういうものですよね

猫ちゃんたちどの子もきれいで
元気いっぱいでした

季節の変わり目は
とても風邪を引きやすいみたいで
体調管理には気を使うみたいです

希望の子と面会!

私たちが希望してたこは
この子です

4カ月の男の子です
今日聞いたら去勢済みでした
もう何もすることないそうです

去勢はしなきゃと思っていたので
ありがたいですね

かかった医療費は
お支払いする形にはなります
術後のことを考えると
素人の私が診るよりかは全然いいと思います

心配してた留守番は?

フルタイムで働いてる私たち
帰ってくるのは夕方です

「お留守番は大丈夫でしょうか?」
と聞きました

生後2か月くらいは
一人でお留守番だと
体調が急変することが多く
ちょっと危ないそうです

生後4か月くらいになると
体調も安定してきて
お留守番ができるようになるようです

しばらくはケージの中が
安全かもしれませんねということでした

そして帰ってきたら
一番に撫でてあげてくださいと
かまってあげてくださいとのことでした

子供だけが帰ってくるのは危ない

子供だけが先に帰ってきて
扉の開け閉めのことを忘れてしまい
逃がしてしまうことが多いそうです

逃げてしまった場合
帰ってくる確率は3割・・・・

もうほとんど帰ってこないと
思ったほうがいいですね

子供の友達が
家に遊びにきて
友達が逃がしてしまうとかも
あるそうです

友達なので責任を追及することもできず
どうしようもなくなるそうです・・・

トイレは?臭いはどうなの?

リビングで飼う
完全室内飼育ということですので
トイレ問題がが出てきますよね

私が昔猫を飼ってた人の家に行ったとき
猫のトイレはとても強い臭いがしたのを
覚えていました

だからその辺はどうしたもんかと
思っていたんですが・・・・

今どきのトイレ
すごいです

実際にトイレものぞきましたし
おしっこされてる状態でしたが

システムトイレという
2重構造で
おしっこは下の消臭シートに吸い込まれて
うんちだけは取るというものですが
おしっこが実際シートにされていたにも関わらず
全然臭いしないの!!!
引き出してシート確認しました(笑)
近くでくんくんしましたが
臭わない!!!(笑)
これにはびっくりしましたね

その消臭シート自体は
一週間くらいは取り換え不要らしいです
なんとまぁ・・・手間の省けること
うんちは毎日掃除になりますけどね

実際猫がいっぱいしても
いわゆる獣臭みたいなのは
全然ありませんでした

猫はもともと
きれい好きですもんね

トイレ自体の進化にもびっくりだし
消臭効果にもびっくりだし
これならお世話も楽だなって思いました

子供達でも簡単にできそうです

エサは?何がいいの?

エサはやっぱり
安いものは粗悪品だそうです

もちろん
排泄物の臭いがきつくなるもの
安いキャットフードのせいも
あるみたいでした

あとは
大きくなってからの
健康ですよね

病気をせず
元気でいてほしいなら
その辺惜しまずにという感じです

最高級のエサじゃなくて
半分くらいのクラスでいいので
健康のためにも
原材料がわからないようなものは
辞めといてくださいとのことでした

子供たちの反応

子猫の可愛さに
メロメロな長男次男

おもちゃを持っては
飛びついてくる猫たちと
じゃれて遊んでいました

お目当ての子以外にも
いっぱいじゃれてくるし

遊んでたらほかの子が
「あたしも!」みたいな感じで
じゃれてくるんですけど
「取るな!」って怒ったり(笑)

小さくても
怒るんだね~って
関心したり

子供たちは汗かくほどに
猫たちとじゃれていました

暴れるわけでもなく
猫用のおもちゃで
ぴらぴらさせて
じゃれついてくるのを楽しむという
そんな感じです

次男は
「猫かわいい!猫飼いたい!」
の一点張り

長男は・・・・
「猫マジかわいい。猫マジかわいい。」
と静かに興奮(笑)

多分内心めっちゃ楽しんでるのは
長男だったな(笑)

さて、私たちの結論は???

そのほかにも1時間結構お話して
心配してた部分は
何とかなりそうかなと判断しました

病気とかは
もう今心配しても
わからないですもんね

これはもう
人間でも一緒ですよね

旦那は仕事でいなかったので
一旦持ち帰りで
メールしますといって
譲渡会を後にしました

さっそく家族会議です

長男次男
「猫飼いたい!お世話絶対する!!!」
旦那
「いいんじゃない?子供が動物と触れあうのはいいことだよ」

「(飼いたいけど)不安だな・・・・」

子供たちのお世話するは
まぁ半分聞きですね
旦那も全く反対していません
家の中がガチャガチャなるのは
想定済み
それでもいい?って聞きましたが
いいんじゃない?って感じでした

これから先10年以上になるであろうお付き合い

結論出すには
いろいろ考えましたが・・・・

子供たちを信じ
夫も賛成してくれたので

お迎えする決意をしました

もしかしたらいい方向に行くかもしれない!?

猫を飼うにあたって
もちろん世話もありますが

物を出しっぱなしにしておくと
それはいたずらされても
仕方ないよね

ということになります

今まで
お菓子のごみを
ぽーいとその辺においてたり
地面に捨ててたり

「そんなことしたら猫ちゃんが間違えて食べて死んじゃうよ?」

というと
片付けてました

これを機会に
片付けてくれるように
なるんじゃないかと

期待を込めています

ほんとに危ないですしね

幸いにも
猫を飼ってる友人がいるので
いろいろ相談もできました

もう17歳の老猫で
本当に大変だそうですが
(お金もかかる)
癒しは相当なものだと
また子供にとっても
癒しになっていると

お迎えした子も
私たち家族に
癒し癒されの関係に
なれたらいいなと思います

「お迎えしたい」という返事を
先ほど送ったばかりで
代表の方も忙しい方で
(フルタイムで働いている)
お返事には時間がかかると
先に説明を受けていましたし
のんびり待ちたいと思います

もちろん希望が叶うとは
限りません

私たちのほかに
その子を希望してるご家族がいて
お留守番が短いところがあれば
環境のいいほうに
お譲りするということになりますので

まだ決定ではありません

今後また進展があれば
ブログにて報告しますね!!!


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け

コメント

  1. サボ より:

    はじめまして。
    海外在住の4歳、2歳の主婦です。
    読みやすい文章と内容でワーママ ではないですが、楽しく読ませて頂いています。
    今回は猫ちゃんのことなので少し参考になれば。

    私は実家でずっと猫を飼っていて、(ノラ猫や保護猫など)ちょうど先月、結婚して初めて動物病院より保護猫を迎えました。
    日本とは勝手が違うかもしれないですが、迎えるにあたり、こちらではかなり飼い主とのマッチングが重視されました。(飼い主のライフスタイルなど面談で細かくヒアリング)

    今までご縁だと思って、猫の種類や性別は意識していなかったのですが、留守がちで小さい子供がいる我が家では、ハチワレのメス猫が穏やかでおとなしい?ためか結果すんなり馴染んでくれました。
    実家で飼っていたオス猫は、好奇心旺盛の甘えん坊が多かった気もします。メス猫はツンデレが多いかも。
    あと、4ヶ月だと性格もわかってきてちょうど成長期なので、キャットフード も問題なく食べてくれると安心ですね。
    ただ、猫ちゃんも環境の変化に敏感なので(場所に懐く?)、下痢しやすかったり最初はストレスを感じるかもしれません。我が家の猫も下痢で粗相したり少し心配しましたが、病院で相談に乗ってもらいながらすぐにまたトイレも覚えてくれました。
    キャットフード はペットを飼っている家庭が多い国柄のためかオーガニックから様々な種類があり、粗悪な餌は猫が苦手な穀物(消化しにくい)が多く含まれてたり、安かろう悪かろうだそうです。
    日本では普通に出回っているものが国が違えば禁止されてたりするので、やはり注意は必要かと思います。体質にもよると思うけれど、わざわざリスクのあるものを与えるのは可愛そうなので。

    あと、しつけは褒めて育てるだそうで、爪とぎもキャットタワーでした際に褒めちぎっていたら、すぐにほかの家具などでは一切しなくなりました。

    猫ちゃんは3人目の兄妹としてみんなから可愛がられてやはり癒しですね。兄弟で共通の愛でる存在がいるってとても大きいと思います。

    長々と失礼しました。
    素敵なご縁に恵まれますように。
    これからもブログ楽しみにしています。

    • いーなん より:

      海外からコメントいただきまして本当に嬉しいです!!
      ありがとうございます。
      確かにオス猫は甘えん坊が多いと聞きました。メス猫は気まぐれ~とも(笑)
      猫ちゃんは環境の変化に敏感なのですね。
      しばらくは下痢とか粗相とかは気を付けておかないといけないですね。
      何処の国でも安いものには理由があるのですねぇ・・・
      発がん性物質が入ってる物もあると聞き驚愕していました
      多少お金がかかろうとも健康であることが一番ですよね
      結果的に病院代も減るわけですし、普段からの健康対策が一番ですよね
      「褒めて育てる」なるほど!人間も猫も一緒ですね~(笑)
      家具などで一切しなくなるとはお利口さんな猫ちゃんですね!
      動物の癒しってものすごいですよね・・・・
      無条件にかわいいんですもの。
      子供達も愛する心が育っていくと嬉しいです。

      いつもブログ読んでくれてありがとうございます。
      本当に嬉しいです。
      また頑張って書けそうです!