人間関係を断捨離するとき(叔母の強欲)

人間関係を断捨離するとき(叔母の強欲)

続きです
昨日の記事はこちら

スポンサーリンク

1回目の話し合い

祖母の初盆の時に
話し合いが行われました

私は
行けませんでしたが
姉1人と母とで
行きました

相手が提示してきたのは
土地の遺留分のみ

それも
わけのわからない
いろんなものを引いて

とにかく私たちの分を減らそうとするのが
見え見えでした

不動産取得税やら
引いてるんですが
そもそも相続の場合はかからず
贈与税も相当な額じゃないと
かからないので

一切税金は引かれないのですが
見事に税金まで引いてきたのです

そして当初家屋購入額という
祖父が借りた額まで
引いていました

全く引く意味がないものを
ガッツリ引いていました

私たちの取り分としては
4分の1どころか

パーセンテージに直すと
たったの14%

そこまで減らしてきてたのです

自信満々に
「不動産屋さんに聞いたから間違いない」

と言ってましたが
そもそも不動産屋さんが
遺留分の計算をするわけがなく

あとから調べ直しましたが
これは「税金」の計算時に必要なものだったのです

遺留分計算には
全く関係ないものでした

現金に関しては遺留分考慮せず

遺言書にかかれていたのは
「葬式が終わり残金があれば叔母とうちの母と半分」

と書かれておりました

ここには「残金」と書かれており

「葬式代」とは書かれておらず

叔母は2種類出してきました

祖母が入院してた2年分の
医療費やら生活費やらを
引いた分の残りを出して

葬式代としては200万用意してあり
これは叔母も土地の権利書の棚に
あったといって
「自分も葬式があるまで知らなかった」
と言ってた分

後程これは
キーポイントになります

そして年金が残った分

叔母が出してきた祖母の口座の明細は
2年分でしたが

残った金額は数百円

そして解約されていました

叔母は祖母の財産を
使い果たしていたのです

しかし2種類出した叔母

①葬儀準備金+香典-葬儀代=残金

②葬儀準備金+香典+残った年金-葬儀代-生活費=残金

もちろん②の方が多いのですが
それでもたったの50万くらいでした

長男の嫁に
たったの50万ですか?
あなたのお兄さんの嫁ですよ?

土地まで奪った挙句に
残金は全部受け取ってくださいではなく
きっちり半分という叔母の考え

言葉がでませんでした
叔母はどっちか選んでと言いました
多い方にするに決まってますよね・・・
これはもちろん私たちは納得はしませんでした

計算は手書き

医療費は領収証がありましたが
その他の計算は手書き

しかも自分で計算していなく
経理をしてる友達に頼んだと

どんだけ他人任せなんだと
笑える感じでした

手書きなんて
どうにもでもできるでしょ・・・・

そして私たちには
現金の遺留分は提示せず

遺留分というのは
残った財産に対してなので

現金+土地なのですが

現金の部分は全く提示されませんでした

ここから戦いが始まる

1回目の話し合いで

もちろん決着するわけもなく

しかも叔母は私たちに何の相談もなく
祖母の家に住んでしまっていました

そして自分たちの家は
人に貸して家賃収入を得ているのです

叔母は一生懸命

墓を守らないといけない
仏壇に毎日お参りしないといけない

と言いますが

これ、普通に私たちの母親もやっています

自分だけがこんなに大変でお金もこんなにかかるんだ!
というアピールがすごく
「遺留分請求されるなんて思ってもみなかった」
という感じでした

当初の約束の「半分」するというのは
都合よく忘れてしまい
自分はこれだけやってるのだから
もらって当然
あなたたちには一銭もやらない
と、そんな感じです

もちろん納得できるわけなく

一旦持ち帰りです

ここから弁護士に相談しまして
アドバイスをもらい

私たちは動き出しました

法定相続人ができることは
いろいろあります

まずは通帳開示

過去10年分請求できます

戸籍やらなんやら必要ですが
開示できるのです

銀行は沢山ありますが
目星はついていたので

10年分開示しました

すると

隠し口座が見つかったのです

続きます


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け