人間関係を断捨離するとき(弁護士に依頼)

人間関係を断捨離するとき(弁護士に依頼)

続きです

最初からはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

弁護士に依頼

昨日弁護士に依頼してきました

ある程度の話の流れは
相談にて言っていたので

義叔父から言われたことを
確認してみました

そもそも遺言書は無効にできないか

まずは

■遺言書の無効から争えるか

を聞いてみましたが

これは「難しいかも」
ということでした

■おばあちゃんの筆跡であること
■日付、名前、押印してあること

という部分があるので

争うには
その当時のおばあちゃんの認知能力からに
なってくるそうです

その時の診断書とか
そういう書類を揃えなくてはならず

時間とお金が大量にかかるので
得策ではないという結果でした

遺留分をしっかり請求しようということになりそうです

使い込みに関してはどうか

義叔父が主張している
■車の頭金と自分の娘にあげた分は除外

ですが
これは特別受益として計上しましょうということでした

そして
義叔父が
「おばあちゃんの意思じゃないというのを証明して」
ということに関しては

「証明する必要なし」

ということでした

通常は使った方が
証明するものだということでした

まぁ言われてみれば
そうだよねって感じですよね

おばあちゃんの意思だろうが
そうでなかろうが
もらったんでしょ?って感じです

特別受益と
生前贈与って
もーーーー本当に難しくって!!!

私たちでは違いもわからないし
難しすぎるんですよね・・・・

現金に対しての遺留分

義叔父の主張は
■現金は母に半分あげるなら遺留分は発生しない
■現金の遺留分をとるなら母には渡らない

ということでしたが

これはやっぱりこちらの考えが正しく
母に現金をあげても
私たちには遺留分は認められるそうです

おそらく全財産からということに
なるとは思うのですが

母に渡した分を除外するのか
しないのかは
もう弁護士にお任せすることに
なると思います

土地に関しての遺留分

義叔父の主張は
■土地を売るには税金がかかるので負担してほしい
ということでしたが

「譲渡所得税」というものが
かかるようなんですが・・・・

これ調べてみても
やっぱりマイホームの場合は
かからない気がするんですね・・・

まぁでも弁護士が計算して
かかるっていうのなら
もしかしたらかかるのかもしれません

まだ計算してもらってませんが・・・

しかし
税金がかかろうが
それは向こうに負担させましょう
ということでした

土地を相続したのは叔母であり
使い込みをしたのも叔母であり
使い込んでなければ
土地を売らずに遺留分を払えたわけです

土地を売ってお金を作ろうが
ローンを組んでお金を作ろうが
そちらの勝手でしょ?
ということらしいです

弁護士費用

弁護士費用ですが
当初予定してた通り100万くらいかなー
ということでした

こちらが弁護士に依頼したからには
向こうも依頼しないと太刀打ちできないと思います

弁護士費用を考えると

叔母はこちらの提示した金額を
すんなりと支払ってたほうが
手元に残るお金は多かったと思います

こちらは
何もぶんどってるわけでもなく
医療費やらかかった消耗品費から
叔母から「これだけかかったのよ」
という金額は引いてるわけで

土地に関しても
今の売価で計算してて
仲介手数料まで引いてます

追及してるのは
使途不明金に対してで
それに関しても
遺留分しか請求してないわけです

しかし
弁護士に依頼したので

きっと決着はつくでしょう

弁護士には
計算するから
しばらく時間をちょうだいと
言われています

今は弁護士の連絡待ちという状態です


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け