働くママが家を買う時に気を付けたい「距離」3つのこと

働くママが家を買う時に気を付けたい「距離」3つのこと

スポンサーリンク

①会社との距離


通勤時間は行き帰りのことなので
地味に重要です

理想は30分以内
最大で1時間以内だと思います

通勤時間が15分なら
往復でも30分

しかし通勤時間が1時間だと
往復2時間

ここで1時間半の差ができてしまいます

1時間半の時間があれば
いろんなことできますよね

通勤にあまりにも時間を取られるのは考え物です
特に子供が小さいうちは保育園のお迎えがあります
通勤時間は短い方がいいです

郊外で土地や家が安いからと
余りにも遠くに家を買ってしまうと
いつかしわ寄せがきます

②保育園の距離

保育園は同じ市内であれば
どこでも通うことができます
これは
家から近くするか
会社から近くするか
で別れます

家から近い場合は
すぐに預けることができるのですが
お迎えが遅くなります

会社から近い場合は
すぐにお迎えに行けるのですが
小学校の校区が違うことがあります

小学校の校区が違うと
保育園でできたお友達
ママ友が全くいない状態になります

私はお迎えが間に合わないので
会社の近くの保育園に通っていました

実際にたった一人で違う学校に行きましたが
お友達はすぐにでき、子供に関しては心配することはありません

ただ、私自身は仲良かったママ友と離れ
いっときは知り合いが誰もいない状態でした
ようやく長男が3年生になり
少しずつ話せる人ができてきた感じです

ただ
ママ友は必要かと言われたら
そうでもないです

なんとかなります

どちらを重要視するかで
決めるといいと思います

③小学校の距離

保育園の場合はお迎えなので
多少遠くても車で行けばなんとかなります
しかし小学校はそうはいきません
基本子供が歩いて行きます

1年生の足で30分以上かかる距離は
避けたほうが無難です

家を買ってしまうと
小学校も自動的に決まります

私が家を建てる時の条件は
「小学校が近いこと」
も重要視しました

遠いと子供がぐずる率が高くなるのです

暑い、寒い、雨が降ってる
子供がぐずってしまう原因は
いくつかありますが
「遠い」というのはかなりの負担です

実際に2キロ離れている子供もいますが
毎日車で送り迎えしているそうです

そうなると朝の忙しい時間に
学校まで送って
会社に行ってと二度手間になります

子供がぐずる原因は
一つでも少ない方が
朝がスムーズです

子供時代に一番多く通う小学校
6年の間、ほとんど毎日
歩いて行く距離です

「子供は多少遠くても大丈夫」

という意見もありますが

私は昔と違い

防犯面や交通量
気温の高さ(猛暑)
自然災害

等、トータルに考えても
近い方がいいと思います

あと小学校は駐車場は基本ありません
親も歩いて行きます

参観日やPTA
運動会もあります

遠いと親も大変なのです

全てが満たされる場所は
少ないと思います

どこまで妥協できるか
どこを重要視するかで

おうちの場所を決めると
後悔しませんよ


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け