子供時代に親が家で教室をしてたからこそわかる 自宅開業の辛さ

子供時代に親が家で教室をしてたからこそわかる 自宅開業の辛さ

私の親は家で習字教室を開いていました

自宅の一室を使い
教室をしていましたが

小学校4年~結婚して家を出るまで
20年間毎日です

自宅開業をしたら
どんな風なのかを

書きたいと思います

スポンサーリンク

聞こえはいいが自営業

自宅開業は自営業とほぼ一緒です
集客が必要です
私の親は習字教室をしていましたが

集客はクチコミでした

通ってる子の親の紹介で
ほとんど集まった形です
ネットでの集客は
全くやっていません
チラシも配っていません

軌道にのるまでは
かなりの時間がかかりました

どんなことでも
自分でやらないといけないのです
それが自営業です

自宅に常に他人がいるというストレス

リビングの隣の和室で
習字教室をしていましたが
教室の邪魔になるといけませんので

テレビの音は最小限
またはイヤホンで聞いていました

もちろんしゃべり声も基本的に小声です

2階がありましたので
2階にいることが多かったです

教室の時間は16:00~19:00くらい
平日は毎日教室をしていました
平均10人
生徒数は50人くらいいました

50人もの子供たちが
毎日家に来るのです

自宅開業といえば

子育て中でもできる
通わなくてもいい
自分のペースでできる

と思われがちですが

実際にはいろいろな問題があり
かなりの精神力を必要とします

習字教室ですが
世間では月謝が3000円くらいでした
しかし母は習い事ができない子も
通いやすいようにと
月謝を2500円に設定

2500円×50人=125000円

16:00~19:00の四時間
実質時給1500円ほどでしょうか

光熱費は自腹です

後ほどこれは3000円に値上げします
(かなり年数が経ってから)

16時からと書いていますが
教室の準備はその前に始めます
長机を4台
結構重たいです
それを毎日毎日準備します

もちろん片づけも毎日です
和室でいつも寝てましたので

習字教室の先生ですから
自分もずっと習字を習い続けます
人に教えるには
自分がまずうまくないといけませんよね

毎週土曜日には
先生用の習字教室に通っていました

見えない努力も必要です

変な子供、変な親必ずいます

文句を言ってくる親
何かと言い訳をし習字をしない子
1枚書いて投げ出す子
字に集中力もなく、適当に書く子

月謝を知った子が
「こんなんで一回500円以上もするの?」
と言ってくることもありました

おこることもできません
すべて自分で対応しなければなりません

家族の協力がないと難しい

会社に通いたくないから
自宅でできたらいいな!

子供を見ながら
仕事ができるって素敵!

趣味を仕事にして
少しでもお金になったらいいな!

とキラキラしてるイメージですが

自宅にいるからこそ
メリハリをつけないと仕事にならないし

子供を見ながら
仕事ができるわけもないし
(教室系は特に厳しい)

趣味程度では
人に教えることはできません

毎日毎日人が家に来るということは
毎日毎日人に見られてもいい家に
しておかないといけないのです

特に子供は
いろんなところを見たがります

扉を開けます

音を聞きたがります

一緒に住んでる家族は
それに耐えられるでしょうか?

有休もなく休めない

有休もないし
用事があったとしても
休むこともできません
病気になるなんて
もってのほかです

その日に通う生徒がいる限り
休むことはできないのです

休みにする場合には
前もってプリントを作り
「この日に振り替えます」
とお知らせしなければなりません

融通がきくと思いがちですが
意外にもがんじがらめに
なってしまうのです

それでも通わなくていいメリットはある

通勤時間がない分
家の仕事はできます

実際に19時に教室が終わったとしても
そこは家ですから
すぐに夕飯に取り掛かれます

教室が始まる時間まで
家事はできます

家にいるので
子供が一人で留守番ということもありません
学校のPTAもほぼ参加できます

母親が辞めた理由

引っ越しと同時に
教室を辞める決心をした母親

一番の理由は
「家に他人が常にいるのに疲れた」
ということでした

変な親の対応するのも
疲れたと

精神的なストレスは
相当なものだったと思います

楽ができるからというのは間違い

自宅開業の方が
ストレスは多いと思います
軌道に乗れば乗るほど
負担は多くなります

片手間にちょっと仕事
なんてのは無理です

自宅でも仕事をするという
強い精神をもって
挑まないとすぐにダメになってしまいます

自分でメリハリ
自分で対処
自分で決める

会社と違って
守ってくれるものはありません

20年見てきたからこそ
自宅開業してる人は
すごいと思っています

もし、会社で働くのつらいから
家で何かしたい!
って思ってる方がいたら

今一度考えてみてください

本当にできるかどうかを

会社より楽だということは
決してありません

「自宅開業が夢」という方は
頑張ってほしいと思います

逃げ道としての
自宅開業はお勧めしません


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け