今や倍率300倍!?事務職正社員は希少価値あり

今や倍率300倍!?事務職正社員は希少価値あり

スポンサーリンク

出産後も働ける「事務職」

私は事務職を16年続けています

私が就職するときは
女性は事務職に応募するのが多く
事務職の募集も多かったように思います

事務職に役に立つ資格も
たくさんとってきました

そのころは特に結婚後も働けると
考えていたわけでもなく
なんとなく事務職という感じで
選んだ気がします

事務職は楽なのか?

事務職は楽ちんだと
思われているかもしれませんが

果たしてそうでしょうか?

営業と違い
一日中事務所にいて
一日中座っています
一日中パソコンとにらめっこです

営業さんは
「俺は一日事務所にいるのは無理だー」
といいます

そうですよね
営業は勤務時間が長いかもですが
実際外に出てしまえば
時間が余れば好きなことをしても
ほとんどばれません

でも事務職はそうもいきません
誰かしらの目はありますし
仕事がなくなったら
自分で仕事を探さないといけません

暇な事務職ほど
苦痛なのです

事務職は早く帰れる?

これはどの会社に勤めるかに
よるでしょう

早く帰れるところもあれば
事務職でも残業があるところもある

営業に比べては
早いかもしれません

決算時期や
月初月末は
比較的遅くなる時もあるでしょう

その会社の部署にもよります
実際に働いてみないと
わからないことは多いです

だけども子育てしながらには向いている

事務職のいいところは
ほとんど転勤がないところです
大きいところでは店舗間の異動とか
あるかもしれませんが
基本普通職は転勤がありません

また事務所から出ることもないので
出張や遠方にいくこともありません

保育園の時は
お迎え時間がありますので
必ずその時間には帰らなければならないので
比較的帰りやすい事務職は
子育てには向いていると思います

正社員の募集はかなり少なくなっている

事務という仕事自体
「減らせる仕事」という認識が増え
募集も減り

正社員に至っては
かなりの希少価値になってきました

正社員ではなく
派遣やパートなら
あるんですよ

正社員の募集だと
300倍にもなるところが
あるそうです

私の時も実は25倍でした
16年前でね

何も考えずに事務職を選びましたが
子育てには向いていました
これはラッキーでした

ただ楽ちんな仕事では
ないですよ

それなりに
責任をもって働いていますし
ミスだってできないし
肩こりもします

どんな仕事でも
そうですよね

事務職だからということは
ないのです

「楽」ではないけど
「子育て」しやすい職種です


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け