フルタイム勤務の小学生の壁は高すぎる。19時まで残る子はわずか

フルタイム勤務の小学生の壁は高すぎる。19時まで残る子はわずか

スポンサーリンク

初めての小学校で衝撃を受けた

小学校に入学する前に
学童に入るために説明を聞きに行きましたが

がっくりと肩を落として帰ってきたのを
今でも覚えています

クラスのだいたい3分の1は
学童に入るそうですが
そのほとんどが
17時帰りなのです

理由としては
17時までなら自力で帰れること

働くママはほとんどパートで
フルタイム勤務の人は少なすぎること

パートで15時とか16時終わりなら
17時帰りに間に合いますからね

17時以降はお迎えが必要になりますが
それでも19時まで残ってる子は
わずかであること

私は定時が17:40です

定時で上がったとしても
混んだ道を帰っていくと

18:30にはなります
定時であがってこれです
残業なんてできません

毎日毎日
18:30にお迎えで
その時間まで残ってる子はわずかで・・・
学童の先生にも
「その時間までいる子は1人か2人ですね」
と言われてしまいました

どうしたらいいのか
途方に暮れました

時短勤務はもうできない

小学校に上がるまでは時短勤務ができますが
小学校からは残業免除はありますが
時短勤務はできません

小学校こそ時短勤務が
必要なのではないかと思うくらいでした

こんなにもフルタイムで働くママは
少ないものなのかと
思いましたね

ずっとずっと
お迎え最後になるかも・・・

と思うと

胸が痛みました

夫とどうするか話し合ったのです

親にお願いした

結局はもうここしかありませんでした
親が近くに住んでいますが

17時まで学童に行かせて
そのあとは自力で親のところへ
一旦帰ってもらうことに

幸いにも
夫はシフト制で
平日休みの時もあるし
夜勤明けで午後には家にいることも多く

週に3日ほどは夕方家にいるので
その日は17時で自宅に帰るように

夫がいない日は
おばあちゃんの家に帰るように

としたのです

親にしても週に2日くらいなら
そこまで負担にならずに
すむだろうと思い

お願いしたのでした

私が帰るのは19時くらい。1時間半の面倒をお願い

子供たちが帰るのが
17時を小学校を出発で
子供なのでゆっくり帰って
17時半前には実家につくのですが
それからなので1時間半くらいでしょうか

週に2日程度
夫がいない日だけ
お願いすることにしました

これで17時で帰れること
自力で帰れるからお迎えがいらないこと
夫がいる日は自宅に帰れること
子供たちだけでお留守番しなくて済むこと

ほとんど解決したのでした

フルタイムで働き続けるには
いろんな人の協力なしでは
本当に難しいと思いました

もちろん

運がよかったから今の状況でいられるわけで

親が遠いとか
夫が平日は毎日遅いとか

その場合は
遅くなってでも
お迎えにいくパターンになります

まったく残業はせずに
きっちり定時で上がり
速攻で迎えにいくという感じです

やはりこういう面を考えても
勤務場所は家から近いほうが
なにかと便利だと思いました

私は若干遠くて
車通勤だから混む時間帯だと
1時間くらいはかかってしまいます

混んでなくて30分です

ずっと働くなら
勤務場所は近いほうがいいですね

私が乗り越えられた理由

私が乗り越えられた理由として

◆親が近くに住んでいた(学区内)
◆夫がシフト制で平日は家にいることが多い

この二つに限ります

親はもともと遠かったのですが
元々中古マンションを購入して
住んでいたところに
親を住ませて
私たちは別で家を建てたので
近くになったのです

これも幸運でした

頼れる親がいたことは
運が良かったですね・・・

さすがに小学1年生を
夕方1人で留守番させるのも
怖いので・・・

もしくは民間の学童にいかせるとかですかね
ただしものすごい高いと聞きます・・・

もちろん
フルタイムで働くママもいて
18時半くらいにお迎えに来てる方も
いらっしゃいます
学童にいる子は1年生が多く
2,3年になると少なくなり
4年生はもういないそうです

お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる
ご家庭は
一緒に留守番ができるでしょう

第一子の場合が
一番困ると思います

「これが小学校の壁か・・・」
と絶望に似た感情を
持ちました

それと同時に

フルタイムで働いてる人が
こんなにも少ないのかと
自分は少数派なのかと

悩みました

頑張って働いているはずなのに
罪悪感が付きまとう
子供たちにさみしい思いを
させてしまうんじゃないかと
思ってしまう

苦しみました

それでも
運が良かったのもあり
小学校の壁を
乗り越えて
今ではもう1年と3年になっています

あと少し大きくなれば
また変わるでしょう

私が働いてるので
少し贅沢もできます
旅行にも行けます
この先塾にも行かせてあげられます

働きながらでも
せいいっぱいさみしい思いを
させないように
最善の努力をしてきました

頼れるものは
頼ってきました

運も良かったです

働き続けるのは
本当に大変です
特にフルタイム勤務は。

だけど
働いててよかったと
思えるときもあるのです

全部が正しいとも思わないし
かといって間違ってるとも思えない

正解はないんだと思います

目の前にあることを
一つずつ解決してきて
今の生活があります

大変だし
疲れるし
きついけど
その分メリットはあります

どんなことにも
きっと解決策があるんだと
思います

私も小学校の壁
乗り越えました

悩んでるママがいましたら
絶対乗り越えられますので
一緒に頑張っていきましょう


スポンサーリンク

記事をお読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています
気に入っていただけましたらぽちっと押してもらえると
本当にうれしいです

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こちらも参考になる記事がいっぱいです

にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
収納・片付け